研究の強い味方!研究に適したマイクロスコープの選び方

顕微鏡

焦点距離と被写界深度

microscopeには被写界深度の深いレンズが使用されており、広い範囲にピントが合うため、対象物を立体的に観察することができます。さらにデジタル合成技術を利用し、リアルタイムで観察できるmicroscopeもあります。

女性

高度な技術で作られている

今多くの歯科や研究所等で広く使われているのがデジタルマイクロスコープです。このデジタルマイクロスコープは、これまでと違う高度な技術で作られているので目が疲れにくくなっています。さらにカラーも正確なものが見れます。
実験道具

利用箇所が多い精密機器

microscopeは基本的な意味は顕微鏡なので、物を拡大して観るというのが本来の目的ですが、形状や使い方を変える事で、様々な分野で利用をする事が期待できる精密機器だといえます。工業の世界ではもちろんですが、今後は医療業界においても更なる進歩が期待できる分野ではないかと考えられます。

マイクロスコープ

対象物の確認のために

マイクロスコープを使うと、対象物を数十倍から数百倍に拡大した状態で、モニターに映し出すことができます。ただし、小型のものや眼鏡のように目元に固定できるもの、大きさの測定機能がついているものなど種類が多いので、購入の際には厳選することが大事です。サンプル機のレンタルを利用することも、ひとつの手です。

研究

目的に応じた機器を選ぶ

microscopeを購入するときは使用目的に応じたものを選ぶことが大切です。次に取扱い数が多く、アフターフォローの充実した業者から購入するようにしましょう。性能的には対物レンズ40倍、接眼レンズ10倍の倍率400倍程度のmicroscopeがおすすめです。
ウーマン

顕微鏡を進化させた技術

企業の生産現場や医療現場や教育現場に欠かせないのがマイクロスコープです。デジタル製品は既存の顕微鏡に装着できるので教育現場などで使われています。生産現場では表面の傷やホコリを検査するLEDライト付きのものや、ハイスピードカメラが装着された製品があります。最も進化しているのは医療現場の手術用製品です。

顕微鏡

目的と精度で異なる価格

microscopeは専門家が使用するもの、教育機関で使用するもの、一般的なものの3分類に分かれ、性能と価格が大きく異なります。一般的なものは4千円前後で購入できますが、教育機関で使用するものは5万円から8万円、専門家が使用するものは80万円から100万円が相場です。

購入時に知っておくこと

研究

結晶の研究で使用する場合

よく研究の分野でマイクロスコープは使われています。一例としては、結晶の分野で使われています。結晶と聞くと氷の結晶などを考えつくかと思いますが、実は薬の錠剤の有効成分も結晶化させて用いられている事が大部分です。さて、その薬の研究でもよくマイクロスコープは使われていますが、様々な種類が売られており、値段もばらばらです。もし、購入を予定していて、どういった機能があればよいか迷っているとすれば、以下の点について考慮するといいです。まず、初めは倍率です。マイクロスコープの場合、最大倍率の大小で、値段は変わってきます。その為、自分がよく見るであろう結晶のサイズを事前に把握しておくことが大切です。また、見る結晶のサイズの幅が広いのであれば、レンズの種類も複数用意する必要があるので、そういった事も事前に調査しておく必要があります。また、オプションで偏光レンズをつけれるかどうかを知っておくといいです。マイクロスコープで結晶を見る場合、見た目は一緒なのに、種類が異なる結晶であることがあります。そういった時に偏光レンズを装着して見ることができると、視覚的に同じ結晶なのか、違う結晶なのか判別することができます。その他のオプションとしては、加熱・冷却ユニットがつけれるかどうか把握しておくといいです。結晶の研究をしていると、何度で溶け始めるかを調べることがあります。そういった時に加熱・冷却ユニットがあると、何度が融点であるかを視覚で確認することができます。