研究の強い味方!研究に適したマイクロスコープの選び方

顕微鏡を進化させた技術

ウーマン

医療現場に欠かせない装置

マイクロスコープは様々なところで活用されています。学校の教材として、警察などの犯罪捜査にも活躍しています。企業などでは電子部品の不具合を見つけたり、不純物を検出する時に利用されます。このように現代で欠かせないテクノロジーの1つがマイクロスコープです。今は既存の顕微鏡に装着できるデジタルマイクロスコープがあるので、簡単に導入することができます。ただし20種類以上のデジタルマイクロスコープがあるので、その中から適切な製品を選ぶことになります。例えばハイスピードカメラを装備したマイクロスコープがあります。サンプルを撮影する時に状態を観察しながらそのまま撮影できるので、生産現場や研究開発の現場で重宝されています。対象物の静止画だけでなく動画撮影もできます。歯科医が使う歯科用マイクロスコープもあります。歯科では根管治療をしますが、マイクロスコープがないと根本的な治療ができないのです。値段はブランドによって違ってきますが、レンズの性能の良いものは高くなります。また電子部品などの表面の傷を検査するためのLEDライトが装着されたマイクロスコープもあります。傷だけでなくホコリやデコボコになっている表面のムラなども検査できます。これらの製品は小型化されているので、どこへでも持ち運びができるようになっています。このように色々な分野でマイクロスコープは使われており、それぞれに特色が違います。特に進歩が著しいのは医療現場で手術用に使われるマイクロスコープです。