研究の強い味方!研究に適したマイクロスコープの選び方

利用箇所が多い精密機器

実験道具

マイクロスコープの役割

英語でmicroscopeと言うと、単純に顕微鏡の事を指しますが、一般社会で使用されるmicroscopeは、「マイクロスコープ」と書くことが多く、主に工業の世界や医療の世界で使用される事が多くなっています。microscopeが、工業で利用される時には、基本的に物を拡大して確認をする場合になりますが、カメラを通じてモニターで確認をしたり、精密機器の細かい作業や加工などを行う時にも利用されます。また、貴金属などの加工や細工などのように細かい作業をする時に利用するものも一般的にmicroscopeという呼び方をしますが、使用をする職業や用途によって形状や大きさをはじめ、使用方法などにも個々の特徴があります。microscopeは医療の世界でも多く使われるようになっている精密機械です。これまでは実際に外科的に治療をしたり、メスを利用して中を見ないとわからなかった多くの疾患を内視鏡と呼ばれるmicroscopeの一種の発達によって、癌などの重篤な疾患の早期発見や早期治療に役立つようになってきています。これまでのmicroscopeは、内視鏡的な物が多く、検査以外には脳や心臓といった特殊な箇所の手術などに使用をされていましたが、近年では歯科での利用も多くなってきました。歯科でmicroscopeを使用することによって、細かい虫歯や歯周病の治療の時に余分な歯を削らないで済むようになりましたし、重度の虫歯治療に行われる根管治療の時にはmicroscopeのおかげで治療の効果や実績が格段に変わってきました。microscopeはこれからも工業や医療の世界だけでなく、様々な分野で活躍が期待される機器だといえます。