研究の強い味方!研究に適したマイクロスコープの選び方

目的に応じた機器を選ぶ

研究

倍率は400倍程度で十分

microscopeは肉眼では見ることのできない微小なものを、肉眼で確認するために用いる機器です。対象物に反射光や透過光を当てて、対物レンズと接眼レンズを通して拡大されたものを確認します。microscopeを購入するときに注意すべき点は、まず、使用目的が何かと言うことを明確にすることです。専門的に使用するなら比較的高額な測定用microscopeですが、そうでなければ安価に購入できる実体観察用microscopeがおすすめです。また、どのようなオプション機能があるかを確認するようにしましょう。次に注意する点は、豊富な種類のmicroscopeを扱っていて、アフターフォローが充実している業者を探し、購入前には見積もりを必ずもらうことが大切です。価格についても簡易的なものと専門的なものではかなり幅がありますので、目的に合わせて検討することが必要です。最新機能が必要無ければ、中古品の購入も検討に加えるとよいでしょう。性能としては、倍率よりも対物レンズの品質を重視して選ぶことがポイントです。一般的には最高倍率の数字を表示して販売しているケースがほとんどですが、質の悪い対物レンズを使用している場合は、その倍率通りの鮮明さは得られません。専門的な分析などが必用では無い場合は、対物レンズ40倍、接眼レンズ10倍の倍率400倍程度で十分なので、ショールームなどに出向いて、実際に確認してから購入することをおすすめします。