研究の強い味方!研究に適したマイクロスコープの選び方

焦点距離と被写界深度

顕微鏡

デジタル合成技術も

写真に詳しい方なら、レンズの被写界深度について良くご存じでしょう。レンズを通して結ばれる像は、ちょうど焦点距離に対象物があるとき、最もはっきりと見えます。しかし焦点距離から外れていても、一定の範囲内であれば、人間の目には十分にはっきりと見える像を結びます。この範囲を被写界深度と呼び、深いほど広い範囲にピントが合いやすいレンズと言うことができます。microscopeは被写界深度の深いレンズを使っているのが特徴のひとつです。標本を平面的に観察すればよい顕微鏡と違って、microscopeは凹凸のある対象物を立体的に捉えなければなりません。そのためには広い範囲が同時にはっきりと見えるレンズを使う必要があります。一般に被写界深度は光量を絞るほど深くなる性質がありますが、microscopeで光量が少なければ解像度が下がり、観察に支障を来すため、レンズの性能が重要になるわけです。またmicroscopeのレンズは焦点距離が長いという特徴もあり、対象物とレンズが接触する危険を防ぐのに役立っています。さらに凹凸や動きの激しい対象物を観察するために、デジタル合成技術を利用したmicroscopeもあります。これは焦点距離を変えて、ピントの合った画像を何枚も撮影し、合成して立体的に見せる技術です。合成するといっても高性能な演算装置の導入により、ほぼリアルタイムで立体画像が観察できるようになっています。